ペット納骨は通常どのようにするのか|大切なペットの火葬は、当社にお任せください。<横浜駅東口徒歩7分>

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号

FAQ

ペット納骨は通常どのようにするのが一般的ですか?

実家で飼っている犬が3匹いるのですが、その中で一番老犬の子がこの2週間ほど調子が悪くて病院へ連れて行ったりと様子を見ています。心なしか他の犬たちも心配そうで、みんなが見守っているのですがご飯もほとんど食べないし水も飲まず、ぐったりとして動かないそうです。時にびくっと起き上がるそうですが、またすぐにぐったりしてしまい、いつお別れの時が来てもおかしくないと言われているそうです。私たち家族は一度もペットを亡くした経験がないので、この子が亡くなったらどうすればよいのだろう。ペットの火葬や納骨とかはどうすればいいのか誰も分かりません。ペットが亡くなった時一般的にはどのようにされていますか?横浜にペットの火葬をしてくれる所はありますか?

answer

ペットの納骨に決まりはありません

人間の遺骨の場合は墓埋法があり、必ずどこかに埋葬しなければいけませんが、ペットに関しては必ずしも火葬し、遺骨を埋葬する法律はありません。火葬後に遺骨を骨壺に入れ自宅で保管されてい入る人は多く「手元供養」と言い自宅に置いて供養することに問題はありません。
横浜にペットの葬儀社があり、ご家族による最後のお別れの式を執り行っています。火葬だけを依頼することも可能ですのでペットの火葬する場所をお探しの方はご利用されてはいかがでしょうか。こちらには納骨堂もありますので、ご自宅にスペースがない場合や事情により納骨堂に納めたい方に重宝されています。

PageTop