横浜でペット納骨をする時期|大切なペットの火葬は、当社にお任せください。<横浜駅東口徒歩7分>

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号

FAQ

横浜でペット納骨をする時期について教えてください

私はペットが亡くなってしまったため、その際には火葬に出して骨は自宅に持ち帰りました。
しかし、いつまでも自宅に骨があるのもどうかと思ったため、ペット納骨のサービスを横浜で利用しようかと考えているところです。
ペット納骨をする際にはどの時期に行ったほうがよいのか目安を知っておきたいため教えてください。

answer

四十九日が過ぎてからペット納骨をするとよいでしょう

ペットを火葬にしてから納骨をするまでのタイミングについてよくわからないという人がいるかもしれません。
私達はペット納骨のサービスを提供している業者であり、さまざまな需要に応えてきました。
この前はペットの火葬をしたいという人からの相談があって、その後の納骨のことについて質問されました。
火葬をしてからすぐに納骨しない場合には、いつあらためてペット納骨をしたほうがよいのか知りたいとのことだったため、タイミングとしては四十九日に行うとよいと説明しました。
四十九日になると魂が天国へ旅立つとされているため、そのタイミングで納骨をするとちょうどいいのです。
また、四十九日頃であれば心の整理をしっかりとつけることができて、気持ちが落ち着いている頃であると伝えたところ、こちらの方は四十九日のときにペット納骨されました。
もちろん納骨のタイミングはそれぞれが自由に決めることができるのですが、何か目安が知りたいと考えているならば、四十九日のときに行うことをおすすめします。

PageTop