ペットが亡くなった時の一般的な納骨|大切なペットの火葬は、当社にお任せください。<横浜駅東口徒歩7分>

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号

FAQ

ペットが亡くなった時、納骨するのが一般的ですか?

私の周りには独身で犬や猫などのペットを飼っている人が沢山います。ペットはすでに家族の一員になっていてペットの部屋をもうけている人もいるほど。愛犬が亡くなり、ショックで会社を休んだりペットの葬儀社で葬儀を行った話も聞きました。お家に遊びに行くと骨壺や写真、わんちゃんが好きだったおもちゃがいっぱい飾られたコーナーがあって、いかにわんちゃんがその人に大切な存在だったかと感動しました。そのような骨壺があるのを見ることが何度もあります。ペットが亡くなった時は火葬して納骨するのが一般的なのでしょうか?そこまで手厚くできない飼い主さんはどうされているのでしょうか?

answer

法律で定められたものはありません

日本では人間が亡くなった際に火葬することが義務付けられていますが、ペットに関しては定められたものはありません。火葬するかどうかも飼い主の判断であり、条件によっては土葬される場合もあるでしょう。
火葬でも遺骨を引き取らない形での自治体火葬(火葬処分)やペット葬儀社による合同火葬などもあり、飼い主様のご希望や、金銭的事情などで選択されます。個別の立会い火葬を行い、お骨拾いによって骨壺に遺骨を納めればそれが納骨となり、自宅に持ち帰り持ち続ける方もいます。ご自宅に骨壺を置くスペースがないと言う方はペット霊園などに埋葬されたり、ペット納骨堂に安置する選択もあります。
横浜にペットの葬儀社があり、建物内に専用の火葬場や納骨堂を備えています。ペットの死後どのように葬り、お悔やみするかは飼い主様次第になります。

PageTop