ペットの火葬は一般的|大切なペットの火葬は、当社にお任せください。<横浜駅東口徒歩7分>

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号

FAQ

ペットの火葬は一般的?

はじめて犬を飼ったこともあって、大事なペットが亡くなった場合の対処方法が分かりません。
父が動物嫌いだったこともあって、小さな時から金魚1匹家で飼ったことはありませんが、良く昔はペットが亡くなると、家の庭にお墓を掘って埋めるものだと聞いていて、現在もそうしている人はいるのか?ということと、個人的にはやはり人間と同じように、火葬をしてきちんと供養してあげた方がいいのではないかと考えています。
ペットの死については数年前から考えるようになりましたが、先日現実的に愛犬の病気が見つかって、今年で15歳になるので年齢的にもその時が近づいていることは確かで、真剣に死について考えて準備しようと思います。
現状では、ペットの火葬は一般的なのでしょうか?
それとも昔のように庭にお墓を掘って埋葬する人の方が多いでしょうか?

answer

ペットの火葬を民間の施設で行う人が増えています

ペットが亡くなった場合に、民間のペット専門の葬祭業者で火葬してもらう方が増えています。
ペットの火葬を保健所でしてもらうのが、昔は一般的な方法でしたが、大抵の保健所では合同火葬で遺骨が戻ってこない場合がほとんどなので、確かに火葬にかかる費用は格安ですが、ペットを家族のように愛する人が増えている現在では、民間の施設を利用するケースが多くなっています。
自宅の庭にお墓を掘って埋葬する人もいますが、昔よりは多くはありません。

PageTop