ペットが亡くなったら後の亡骸|大切なペットの火葬は、当社にお任せください。<横浜駅東口徒歩7分>

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号

FAQ

ペットが亡くなったら亡骸をどのように処分するのが普通ですか?

うちの隣の家は動物好きな夫婦が犬や猫を沢山飼っていて、いつも賑やかです。現在何匹のペットが居るのか知りませんが、犬は6匹くらいはいるはずです。庭が広いので庭でよく遊んでいますが、物騒な時代に隣に番犬が居てくれると思うようにしています。たまたま近所の別のご家庭の奥さんと美容室で一緒になったことがあり、雑談していると、家の隣のご夫婦が以前に亡くなった犬を庭に埋めたと聞きました。私に臭いはしなかった?と聞いて来られましたが全く思う所がありません。私はペットを飼ったことがないので知りませんが、ペットの亡骸をどのようにしなくてはいけないという決まりはあるのですか?

answer

法律で定められている決まりはありません

犬や猫をペットと呼ぶようになった頃、ペットが亡くなると裏庭や近くの山間部に埋めてそれなりに供養をしていました。ところがこの十数年で私たちの生活様式が大きく変わり、マンションの増加やペットに対する意識の違いなど、社会が大きくペットの社会的地位を上げてきました。それに伴い、ペットの寿命も延び、飼育頭数も飛躍的に伸び進みました
。ペットは家族の一員となり、大切なペットが亡くなると人間同様にペット火葬し納骨、埋葬して供養するのが当然という文化が生まれたのです。法律でペットを火葬しなくてはいけないという決まりはありません。しかし、私有地以外の場所に許可なく埋めることは難しいため、ペット火葬を選ばれる方が増えています。東京や横浜など都会であるほどペット火葬の需要が高いのはそういった現実的な要因からでしょう。

PageTop