犬が亡くなった時にどのように葬るべきか|大切なペットの火葬は、当社にお任せください。<横浜駅東口徒歩7分>

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号

FAQ

犬が亡くなった時にどのように葬るべきですか?

私の家で飼ったことがあるペットと言えば金魚や亀などの小さな生き物で、犬や猫などの動物は飼ったことがありませんでした。犬と一緒に暮らしていた横浜の祖母が高齢となり、犬の世話が難しくなったので私たちの家で引き取ったのですが、犬も人間の年齢で言うと高齢です。見た感じから重そうな動きですし、昨年事故に遭ってから右足が少しびっこを引きがちです。祖母を守ってくれた犬なので大事にしてあげたいと思っていますが、寿命が近いのは確かです。もし犬が亡くなった時、どのように亡骸を葬るべきか分かりませんが規則などはありますか?一般的にはどのようにしていますか?

answer

ペット葬儀社で火葬を依頼することが出来ます

家族同様のペットを失った時の悲しみは計り知れず、家族を癒してくれたペット達に感謝の気持ちを込めて最後の時を見送りたいと言う人が増えています。そのことからペット葬儀社が増加し、ペット火葬から葬儀、納骨までを一貫して依頼することが出来るようになりました。かつてはペットの亡骸を公共の場である山や河原、空き地などに埋めている人もいましたが、近隣からの苦情や規制により禁止されています。
ペット葬儀社では火葬のみの依頼も受けていますのでご家族で相談の上決められてはいかがでしょうか。葬儀も依頼したいという場合はお花や写真などを飾り、好物だった食べ物やおもちゃなどを火葬するお棺の中に入れて最後のお別れを行います。
ペットが安らかに旅立って行けるようなお式になるでしょう。

PageTop