ペットの火葬はどのように行われますか?|大切なペットの火葬は、当社にお任せください。<横浜駅東口徒歩7分>

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号

FAQ

ペットの火葬はどのように行われますか?

ペットが死んでしまった時、火葬するのが普通になってきていると聞きました。私は家がマンションで犬や猫を飼うのは禁止されているため亀やハムスター、金魚などしか飼ったことがありません。金魚が死んでしまった時は公園に埋めました。亀とハムスターは元気なので、このまま元気でいて欲しいです。犬や猫が死んだ場合、どこで火葬するのでしょうか?骨とかはもらえるのでしょうか?

answer

自治体が行う火葬と民間のペット葬儀社による火葬がメインでしょう

近年のペットブームにより、日本では何かしらペットを飼っている人の割合が3人に1人と言われるほどと言われます。動物や魚類など、生き物と暮らすことにより人間が癒されたり幸せをもたらされている現実が見えます。その大切なペットが亡くなった時、悲しみと共にペットへの愛情や感謝の気持ちを込め、きちんと火葬して葬ってあげたいという方が増え、ペット火葬が一般的になってきました。それは現在の生活環境によることも起因しており、衛生上の問題や公共の場に埋める行為は不法投棄とみなされ違法と扱われるからです。それでは火葬はどこで行うのかと言うと、自治体や環境局へ依頼する火葬とペット葬儀社が行うペット霊園での火葬があります。自治体が行う火葬はペットを「廃棄物」として扱うため、心情的に無理な場合、収骨を希望される場合は適していません。
ペット葬儀社はペット専用の火葬炉を持っているため、施設内で葬儀セレモニーを行い、火葬にも立ち会えます。収骨を希望される場合は個別火葬を、希望されなければ合同火葬にて他のペットと一緒に火葬されます。
火葬施設まで行くのが難しい方には移動火葬を選ばれるのもよいでしょう。ご自宅まで火葬設備がついた車で来てくれてその場で火葬してくれます。ペット葬儀社では火葬のみも依頼出来ますので選択肢は色々あります。

PageTop