ペット葬儀の対象になる動物|大切なペットの火葬は、当社にお任せください。<横浜駅東口徒歩7分>

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号

FAQ

ペット葬儀の対象になる動物は何ですか?

ペットを飼っている人がとても多く、ペットブームだと言われています。実際、私の周りには1人暮らしでも、子供のいない夫婦でも、まるで自分の子供のように犬や猫と暮らしている知人・友人が多く、自分の事を「ママ」「パパ」と呼び話しかけているほど。犬専用のクローゼットがあり、洋服やおもちゃなどがいっぱい入っていてびっくりしました。ペットのものを洗うために洗濯機を別に購入し、2つの洗濯機がある友人もいます。子供のいる家庭でも何かしらペットを飼っていて、子供もペットを世話することで学びが多いとか。日々の限られた時間の中でペットにかける時間や労力を惜しまない人たちに尊敬します。そして、その大切なペットが亡くなった時、ペット葬儀を行う人が多いことを知り、これまた驚きました。そのような時代になったのだと。そこで疑問ですが、ペット葬儀ではどのようなペットが対象なのでしょうか?関東にペット葬儀社は沢山あるのでしょうか?

answer

小さな小鳥から大型犬まで依頼出来ます

家族の一員として暮らしてきたペットを失った時の悲しみは計り知れないものがあるでしょう。深い愛情を注ぎ、共に暮らしてきたペットが亡くなれば、人間が亡くなった時と同じように火葬や葬儀セレモニーを行いたいと考える人は増えています。自治体に火葬をお願いすれば合同で火葬されるのが一般的ですので、ペットの収骨を希望される場合はペット葬儀社に火葬を依頼するのがベストです。
葬儀において定義されている動物の種類は基本的にありませんが、30kgを超える動物の火葬が可能であるかは確認が必要でしょう。ペット葬儀社の火葬炉はペット専用ですのであまり大きな動物を対象にはしていません。逆に小さな動物としてはハムスターや小鳥の火葬を依頼される方もいます。火葬では個別の火葬、他の動物と一緒に行う合同火葬から選べます。飼い主様の希望に合わせ、火葬だけでなく葬儀セレモニーも行えるようになっています。
横浜を始め、ペット葬儀を行っている会社は増加している傾向ですので簡単に探せるでしょう。

PageTop