犬の一般的な火葬方法は?|大切なペットの火葬は、当社にお任せください。<横浜駅東口徒歩7分>

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号

FAQ

犬の一般的な火葬方法は?

はじめて犬を飼いはじめてから15年が経過して、残念なことに家族である愛犬は立派な老犬になってしまい、最近では頻繁に動物病院に通っています。
もうそれほど寿命も長くないことは、お医者さんに言われなくても承知していて、亡くなったときのことも考えるようになりました。
以前ハムスターなどの小動物はいくつか飼っていたことがあって、そのときは実家暮らしだったこともあって、亡くなれば庭に遺体を埋めてお墓をつくってあげていましたが、現在は庭がないマンション暮らしで、もちろんある程度大きなワンちゃんの場合は、庭に埋めるわけにもいかないと思い質問させていただきます。
一般的に、愛犬が亡くなったときの火葬の方法を教えてください。

answer

犬の火葬方法は主に4種類から選べるようになっています。

法律的には、犬などの動物は物として扱われているため、人間のように必ず火葬をしなければいけないということではなく、ご指摘の通りに以前は庭に穴を掘って埋めたり、ゴミとして出すケースもよくありました。
しかし、近年では動物愛護管理法や道徳的な観点からしても、飼っている犬が亡くなったときには、火葬をするのが一般的となっています。
犬を火葬する方法は、何匹かのワンちゃんをまとめて火葬する「合同火葬」、家族は立ち会わないで個別に火葬をする「個別一任火葬」、家族が立ち会う「個別立ち会い火葬」、出張火葬とも呼ばれていて、家族設備をもった業者が家まで来てくれる「訪問火葬」の4つの方法があります。

PageTop