犬が死んでしまった時は?|大切なペットの火葬は、当社にお任せください。<横浜駅東口徒歩7分>

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号

FAQ

犬が死んでしまった時、どのようにするのが一般的ですか?

仲のいいご近所のお宅で飼っていた中型犬が病気で死んでしまいました。亡骸をどうしたのかと言う疑問を持たなかったのですが、うちの息子が近所の公園で死んだ犬が横たわっていて、それがご近所の犬だと言って大騒ぎになりました。ご近所に聞いてみると、その公園の木が茂っている所に深めの穴を掘って埋めたのだそうです。ペット可のマンションですが、亡骸を埋める所がありませんので広い公園なら大丈夫だろうと判断し埋めたのだそうです。恐らく、他の犬が掘り起こしてしまったのではないかと話していました。無残な姿を見た息子はショックで泣いていたのと、ご近所のお子さんも取り乱していたそうです。
「横浜のような都会の公園に埋めるなんて違法行為だ」と言う人もいて亡骸をどうしてよいか困っているそうです。このような場合、どのようにするべきですか?

answer

火葬を選ばれる方が増えています

ご自宅で飼われていた犬や猫などのペットが亡くなった時には火葬が勧められています。行政による遺体の償却は合同による焼却処分で、一般廃棄物として取り扱われます。ご自宅への引取りを依頼されるか、ご自身で運ばれるかの選択になるでしょう。もしくは、民間のペット動物火葬を行っている業者やペット葬儀社での火葬です。
ペット葬儀社では、犬火葬の依頼が最も多く、収骨を希望される場合には個別火葬が選べるようになっています。
横浜にもペット葬儀社がありますので問合せされてはいかがでしょうか。

PageTop