愛猫の火葬で用意する物|

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号

FAQ

愛猫の火葬で用意しなければいけないものとは?

前から腎臓を患っていて、すでに平均寿命はとっくに過ぎているので、いつその時がきても大丈夫なように心の準備はしているのですが、現実的に亡くなった後の準備は何もしていなくて、主人に言われて愛猫の火葬も葬儀もしてもらえる御社を見つけました。
近いうちに施設を見学に行かせていただいて、その時に詳しい打ち合わせをしたいと考えていますが、横浜市内には住んでいるのですが、なかなか時間が取れなくて、予約も入れられない状態です。
万一の時のことを考えてお尋ねしますが、愛猫の火葬をしてもらう際にこちらで用意しなければいけないものを教えてください。

answer

数珠やカメラや写真をお持ちください

ペットの火葬は、その姿でお別れをする最後になりますので、猫ちゃんが大好きだったおもちゃやご飯の時に使用していた容器なども一緒に火葬してあげたいとお持ちになる方も大勢います。
しかし、火葬の目的はキレイに遺骨にすることですので、一緒に火葬できるものには制限があります。
大切なペットを見送る場合に必要なものとしては、数珠が挙げられます。
カメラをご準備することもオススメしていて、火葬場で写真を撮ることに抵抗がある方も多いようですが、どうぞ最後の写真をカメラに収めてください。
お写真をご用意いただければ、火葬をする前のお別れのお焼香などの時に飾ることができます。

PageTop