猫が死んだ時どのように対処するのか|大切なペットの火葬は、当社にお任せください。<横浜駅東口徒歩7分>

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号

FAQ

猫が死んだ時どのように対処すればよいですか?

知人から譲り受けてうちに来た猫が肝臓の病気になり、あまり長くは生きられないと動物病院の先生に言われました。ちょっと太り気味なのも気になっていましたがうちに来てから1年ほどで病気になってしまうなんて信じられません。苦しそうにしていないか様子を見ていて、誰かが側にいるようにしています。猫が死んでしまった時、遺体などはどのようにするのがよいでしょうか。うちはマンションなので埋める場所がありません。ゴミに出す人も居ると聞きましたが、それはあまりにも酷すぎると思うのでちゃんと葬ってあげたいです。出来れば火葬をしてあげたいのですが、横浜周辺でお願い出来る業者などはありますか?

answer

ペット葬儀社へ相談されてはいかがでしょうか

猫の供養方法には遺体をそのまま埋葬するか行政の猫の遺体引取りもしくは火葬を依頼するかのどちらかを選ぶことになります。
ご自宅がマンションであれば公的に認められる場所での埋葬が難しいため、火葬を選ぶことになります。河川や公園、山林など自宅以外の場所に埋葬することは不法投棄とみなされる場合があるためお勧めできません。
自治体に引き取りや火葬を依頼する場合は安価ですが、「供養」ではなくゴミ処理の一環として扱われることもあります。地域によって取り合扱い方が違うため確認が必要です。一方、民間のペット葬儀社やペット火葬業者では犬や猫火葬を依頼することが出来、自宅まで迎えに来てくれたり、個別に火葬をしてくれて返骨をしてくれるところもあります。横浜にもそのようなペット火葬業者がありますので相談されるとよいでしょう。

PageTop