猫が死んだ時、どのように葬るのが良いか|大切なペットの火葬は、当社にお任せください。<横浜駅東口徒歩7分>

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号

FAQ

猫が死んだ時、どのように葬るのがいいですか?

横浜で一人暮らしをしていた叔母が亡くなりました。叔母は晩年、入退院を繰り返していたので、飼っていた猫を我が家で預かっていました。叔母の死を察するものがあったのか、葬儀後元気がなくなったような気がしたのを覚えています。我が家の猫として家族と共に暮らしてきましたがすっかりおばあちゃん猫になりました。最近はほとんど動かず、えさもあまり食べません。目を閉じてぐたっとしているので息をしているのか何度も確認してしまうほど。動物病院の先生からはいつどうなってもおかしくないと言われ、落ち着きませんが、それでも必死に生きていて愛おしくなります。とは言え、いつお別れの時が来るか分からない状態です。うちはマンションなのですが、死んでしまった後、どのように葬ってあげるのがよいでしょうか?

answer

火葬してあげるのがよいでしょう

ペットの死体は廃棄物及び清掃に関する法律により一般廃棄物として定義されます。よって、ゴミと一緒に処理されるのが現状で、自治体によってはペット専用の焼却炉にて火葬してくれる場合もありますが、ゴミとして他のモノと一緒に処分される場合が多いようです。家族の一員であるペットの亡骸を個別に火葬し、骨壺に納めて供養がしたい場合には、民間のペット葬儀社に火葬を依頼するのがおススメです。
横浜市内にもペット専門葬儀社があり、猫火葬も行っています。最後のお別れに葬儀セレモニーと合わせて依頼される方も多いので、ご家族で相談されてはいかがでしょうか。

PageTop