猫火葬は横浜の保健所以外でも可能|大切なペットの火葬は、当社にお任せください。<横浜駅東口徒歩7分>

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号

FAQ

猫火葬は横浜の保健所以外でも可能ですか?

ペットとして飼っていた猫が亡くなった場合、どこで火葬をしてもらうのでしょうか?
友人に相談したところ、「犬や猫の火葬なら保健所じゃないの」と言われたのですが、本当でしょうか?
保健所は殺処分したりするイメージがあり、できればそれ以外の選択肢がないものかどうか知りたいです。

answer

保健所で火葬は行いません。寺院やペット葬専門業者が行います。

近年、ペットとの関わりがより距離の近いものになりつつあります。「ペットの葬儀を行いたい。」「飼い猫が死んでしまった。丁寧に弔ってあげたい。」「ペット用の納骨堂はあるのだろうか」。情がうつれば、人間なみの葬儀をあげてあげたくなるのも人心なのでしょう。
実際、ペット葬を行う専門業者は増えてきており、ペットの火葬を行う方も増加傾向にあります。多くの業者では自前で火葬装置を備えているので、葬儀を頼むと同時に火葬の手配もしてくれます。場合によっては納骨堂を備えているところもあるので、お墓参りをすることもできます。
お骨を持ち帰り庭に埋める人、散骨する人など、人によってお別れの仕方は様々です。お骨に関してはペンダントやキーホルダーに加工して常に身につけていたい人もいて、それに応えるサービスもあります。
火葬や納骨など、これからのことのイメージがつきましたら、まずはお近くのペット葬儀専門業者にコンタクトをお取りになることをおすすめします。

PageTop