横浜のペット葬儀ならお任せ下さい。

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号

横浜のペット葬儀【ポイントとFAQ】

どうしても大事なペットの葬儀を執り行いという方は、横浜のペット葬儀の専門店「ペットヘブン」をご利用ください。
家族同様に育ててきたペットを失う悲しみは、計り知れないものであることは、一緒に暮らしてこなかった者からでも容易に想像できます。
以前は、ペットが亡くなると、ご自宅のお庭に埋葬することも当たり前のように行われきましたが、時代の流れと共に飼い主のペットに対する気持ちも埋葬方法も大きく変わり、現在ではペット専門の葬儀を執り行える施設も全国に数多く存在しています。

ペット葬儀 横浜

当社は横浜駅から徒歩7分の便利な場所に位置していて、火葬から葬儀、納骨まで一貫したサービスを提供しています。
家畜以外の、小動物から大型犬までのあらゆる種類のペットのお葬式に対応していて、人間の時と同じように、お花や写真や好物だった食べ物なども飾り、大切なペットの最期を、ご家族、ご友人など親しい方たちと一緒に見送ることができます。
当社では、フリーダイヤルを用意して皆様からのご連絡をお待ちしておりますが、ホームページ上の「お問合せフォーム」からも皆様のからのお問い合わせやご質問を受付けしておりますので、お気軽にご相談ください。

01ペット葬儀とは

ペットブームが起きていて、それに伴いペット葬儀を執り行う方も増えています。
ペットを家族の一員として考えて、ワンちゃんや猫ちゃんを可愛がって育ててきた方にとっては、人間が亡くなったときと同じように大切なペットの葬儀をしてあげようと考えるのは自然の流れです。
以前は自宅の庭に埋葬する方も多く、もしくはペットの亡骸を焼却炉に運搬して処分することが一般的でしたが、そのようなスタイルに抵抗を覚える方が急増しました。
そんな中で、ペットに関連するサービスも年々充実しています。今ではペット先進国である外国のように、ペットと同伴できる飲食店なども増えていて、ペットの葬儀を行うペット専門の葬儀社も都市部を中心に増えてきました。
ペット葬儀の需要が高まることは今後も予想されているため、地方でもペット葬儀社の数は増えていくでしょう。
ペット葬儀の流れは、人間の葬儀とほとんど一緒です。大切なペットが亡くなれば葬儀社に連絡をして、火葬場で火葬をしてご葬儀を執り行います。ペットの遺骨を骨壺に収骨して、納骨堂を完備している葬儀社や、お墓の手配をしてくれる業者も増えています。

02初めてペットの葬儀に参列するときの服装について

今ではペットブームが起きていて、ワンちゃんや猫ちゃんなどを家族同様に愛する方が増えています。それ故大切なペットが亡くなったときには、人間と同じように葬儀を執り行う方も多くなってきています。
巷にはペット専門の葬儀社も増加していて、これからはペットを自分で飼っていなくても、ペット葬儀に参列する機会も出てくるかもしれません。
ペット葬儀に呼ばれたときには、どんな服装をすればいいか戸惑う方も少なくないと思いますが、服装は葬儀が行われる場所によっても変わってきます。
人の葬儀では喪服を着用するのがマナーですが、自宅で葬儀が行われる場合は無理に喪服を着用する必要がありません。ただし、派手な服装は控えて、落ち着いた色合いの服を選択しましょう。もちろん、いかなる場所でも喪服を着用していけば間違いはありません。
寺院やセレモニーホールで葬儀が行われる場合は、喪服を着用するのが好ましいです。

初めてペットの葬儀に参列するときの服装について

ただし、この場合も必ず喪服を着用しなくてはいけないわけではなく、自宅のときと同じく派手な服装やきらびやかなアクセサリーなどは控えることを心掛ければ問題はありません。
それよりも、大切なペットを失った人への気遣いをすることが、一番大切なマナーです。

03ペット葬儀に関することで良くある3つのお悩み

1.ペットが亡くなったときはどうすればいい?
ペットをはじめて飼うときには、亡くなったときにどうするかを決めておくことが大事です。無責任にペットを飼って、いざ亡くなったときにあたふたしたり、ペットを邪魔にしたりして捨てることは絶対にしてはいけません。
近頃ではペット専門の葬儀社も増えていて、気軽に相談に乗ってくれる会社も多くなっています。

2.ペットの葬儀は行うべき
ペットの葬儀を行うかどうかは、個人の判断で決めることですが、ワンちゃんや猫ちゃんなどのある程度の大きさがあるペットが亡くなれば、埋葬するか火葬をしなければいけないため、亡くなった後にどうするかを事前に考えておきましょう。
ペット火葬やペット葬儀を専門に行っている業者に相談するのも良い方法です。

3.ペット葬儀の流れは?
大切なペットが亡くなって、葬儀を行う場合の一般的な流れは、ペットを看取った後にペット対応可能な火葬場や葬儀社に連絡をして、火葬を行った後に骨壺へ収骨して、お墓へ埋葬するか自宅へ遺骨を持ち帰ります。
葬儀の方法は人間のときと同じで、葬儀社によっては納骨堂を完備していて、そこに遺骨を預かってもらうことも可能です。

04最近増えているペット葬儀の種類について詳しく紹介

ペット葬儀 横浜

最近では亡くなったペットの葬儀を挙げる方が増えていて、ペット専門の葬儀社も都市部を中心に多く見られるようになっているようです。
ペット葬儀には主に「合同葬」「立会葬」「個別一任葬」「訪問火葬」の4つの種類が用意されています。
合同葬というのは、複数のペットを同時に火葬するスタイルで、他のペットのご遺骨と混ざってしまうためお骨上げすることができません。ただし、他の葬儀と比べると、葬儀費用を最も抑えることができるようになっています。
立会葬は、「お見送り出棺」「火葬」「お骨上げ」「納骨」が含まれている、いわゆる人間の葬儀をほとんど同じスタイルで行われます。その名の通りに飼い主が立ち合いの下で執り行われる、最近増えているペット葬儀のスタイルです。
個別一任葬は、立会葬と同様に葬儀が行われますが、飼い主が立ち会わないで、葬儀社のスタッフにその名の通りに一任して行われます。
火葬後に遺骨を飼い主が受け取りに行くか、自宅にもってきてもらうのが特徴的です。丁寧にペットを弔いたいのに、葬儀の時間がとれなかったり時間に余裕がなかったりする際に選ばれているようです。
訪問火葬は、その名の通りに業者が専門車両で自宅まで出向いて、自宅や指定された場所でペットを火葬する形式で、火葬後のお骨上げについては選択できるようになっています。

05横浜市神奈川区にあるペット専門の葬儀社

神奈川県横浜市神奈川区の横浜駅東口から徒歩7分の場所にある、ペット専門の葬儀社です。
横浜市のほぼ中央に位置する神奈川区は、浦島太郎ゆかりの地としても有名な地です。
区の海岸部は埋立地で、京浜工業地帯の一部として工業地域が広がっています。区内には高層マンションやオフィスビルも数多く立ち並んでいますが、古くからの住宅街もあり、歴史を感じられる観光スポットも点在しています。
神奈川区ある人気の観光スポットの一つとして、「横浜聖アンデレ教会」が挙げられます。横浜市営地下鉄ブルーライン三ツ沢下町の駅から徒歩3分に位置するとても静かな教会で、神秘的な雰囲気を味わうことができます。
教会内には歴史的価値も高いパイプオルガンがあり、これは横浜で最も古いオルガンと言われています。教会と共に130年もの歴史があります。
「本覚寺」も神奈川区にある多くの観光客が訪れるスポットで、もともとは臨済宗のお寺で1226年に創建された古い歴史があります。横浜開港時はアメリカの領事館が置かれていて、今は綺麗に整備されていてとても雰囲気があるお寺です。
「ディスプレイミュージアム」も神奈川区にある人気スポットで、1階と2階がミュージアムになっている、国内最大級のディスプレイ&デコレーションの専門店です。

06ペットの葬儀を執り行うにはどのくらいの費用がかかるの?

ペットが亡くなったときには、一昔前であれば小動物だと自宅の庭に埋めるという方法を選択していた方が多かったですが、最近では小動物でも業者に依頼した火葬するのが一般的となってきています。
特にワンちゃんや猫ちゃんは本当の家族同様に可愛がっている方がほとんどで、大切なペットが亡くなれば人間と同じように葬儀を執り行うケースも増えています。近頃では、ペット専門の葬儀社も多く見られるようになっています。

ペットの葬儀を執り行うにはどのくらいの費用がかかるの?

ただし、ペットの葬儀にかかる費用と言うと、火葬にかける費用という意味合いが今でも強く、一般的には火葬費用のことを指します。
火葬費用は、ペットの体重があるほど高くなります。体重が1s以内の小鳥やハムスターなどであれば1万円程度ですが、大型犬になれば10万円程度かかる場合もあります。業者によっては体重ではなく身長で料金を算出する場合もあります。
また、近頃ではペット用の仏壇やお墓を販売する業者も増えていて、仏壇は数千円から数万円程度で購入できますが、お墓を用意する場合はそれなりの費用がかかります。墓石の相場は5,000円〜5万円程度で、個別にお墓を霊園に用意すれば10万円程度の費用はかかると思っておいた方が良いでしょう。

07ペットの葬儀を行うときに注意すべき3つのポイント

01費用を事前に確認しよう

人間の葬儀でも費用面について良く理解できている人は少ないので、あまり馴染みのないペット葬儀を行うときには、どのくらいの費用が掛かるかを事前に明確にすることが大事なポイントです。
最近ではペットの葬儀を取り扱う業者も増えているので、1社だけにこだわらないでいろいろなところから見積りを取って、価格を比較してみることをおすすめします。

02説明をきちんとしてくれる業者であることが大事

ペットの葬儀を依頼する業者が、葬儀の内容などを分かりやすく丁寧に説明してくれるかどうかはとても大事なポイントです。
ペット葬儀を取り扱う業者が増えている分、利益だけを重視して、サービスの質が悪い業者も多くなっているので、しっかりと飼い主の相談に乗ってくれて、質問にもきちんと答えてくれる業者を選択しましょう。

03ペットの安置の仕方を認識しておこう

事前に葬儀社を手配しているなら、ペットが亡くなったらそこに連絡をすれば遺体の安置も含めて全て任せられますが、そうでない場合は葬儀を行うまでにペットの遺体を安置する必要があります。
ペットが亡くなると死後硬直がはじまり、体から体液や排出物が出ることもあり、その後腐敗が進みます。
安置には、保冷材やドライアイス、段ボール、バスタオル、ガーゼ、ブラシ、ペットシーツなどが必要になるので、あらかじめ用意しておきましょう。

08ペットの葬儀を依頼する業者はどのようにして選択すべき?

最近では横浜にもペットの葬儀を専門に行っている業者が増えています。大切なペットの葬儀を依頼する業者は、心から信頼できるところを選びたいので、依頼する前には複数の業者に電話を掛けてみることをおすすめします。
家族同様のペットが亡くなり悲しくてそんなことをしている余裕がないと方も少なくないと思いますが、家族だからこそその最後をしっかり見届けるためにも、葬儀社選びは重要なのです。
もちろん、直接葬儀社に出向いて話を聞いてみても良いですが、それをするには相当な労力が必要になるので、電話をかけてみるのがベストな方法と言えます。
電話をかけて担当者と直接話をしてみれば、人柄もある程度分かるし、対応の仕方も比較できます。良い葬儀社は、商売の話よりも前に亡くなったペットやお客さんのことを考えてくれます。
遺体の安置方法について教えてくれたり、親切に相談に乗ってくれたりします。はじめにお金の話をしてくるような葬儀社には依頼しない方が良いと思います。
当然ながら葬儀費用も葬儀社を選ぶ大事なポイントなので、それぞれのサービス内容も比較してみて、良さそうな場合は見積書を提出してもらいましょう。

09葬儀に関することでよくある相談とは

ペット葬儀を行う方の多くが葬儀を行うべきかどうかで悩み、どのように大切なペットを見送れば良いかという相談をされる機会が最近特に増えてきました。
ペットブームの中、人間よりも寿命が短いワンちゃんや猫ちゃんなどのペットを亡くする方が多くなっていきていることから、今後もペットの見送り方で悩む人は増えていくことが予想されます。
ペットの葬儀を行うべきかどうかは、仏教の観点からすれば必ず行うべきというのがその答えです。
ペットに限らず、葬儀というのは大切にしていた家族が亡くなったときに行うべき儀式です。仏教の考えでは、出会いには偶然はなく、一緒に暮らした家族は必然の出会いとされています。
ワンちゃんや猫ちゃんなどのペットも、偶然ではなく必然で家族になったと思わなくてはいけません。葬儀を行う意味は、一緒に暮らしてきた大事な家族を仏様の元へ帰すことで、それをしなければ成仏できないことになります。
少し前までは、亡くなったペットを自宅の庭などに埋めたりしていましたが、今の時代は周りの目を気にしないで堂々とペットの葬儀ができるようになっています。葬儀の意味や大切さを知れば、ペット葬儀の重要さも分かると思います。

10お客様より多く寄せられる3つの質問

質問 葬儀社によってサービス内容は異なるの?
回答 最近ではペットの葬儀社が増えてきていますが、サービスの内容も質も業者によって違いがありますので、業者選びは慎重に行うことをおすすめします。
業者を選ぶときには、提供しているサービスの種類や内容、法要や供養祭の実施の有無、火葬の可否、火災埋葬証明書の発行の有無などを確認して、まずは見積りを出してもらいましょう。
質問 ペット葬儀にはどんな種類があるの?
回答 ペット葬儀には、合同葬、立会葬、個別一任葬、訪問火葬などの種類があります。
立会葬は、「お見送り出棺」「火葬」「お骨上げ」「納骨」が含まれている、いわゆる人間と同じような形で執り行われる葬儀です。
合同葬は、その名の通りに、たくさんのペットと一緒に火葬を行うことになるため、お骨上げはできません。
質問 ペット葬儀に呼ばれたらどんな服装で行けば良いの?
回答 ペット葬儀へ出向く服装については特別な決まりはありません。ただし、派手な服装は避けた方が良く、人間と同じように喪服で行けば間違いありません。
喪服でなくても、黒っぽい地味な服装で参列している方も多く、とにかくその場にあまりふさわしいと思えない服装でなければ問題ありません。
ペット葬儀には、数珠やハンカチを持参すれば良く、これも人間のときと変わりはありません。

11業者を選ぶときに気をつけるべきこととは

POINT 最近では人間と同じように、大切なペットの葬儀を執り行いお別れをする方が増えていますが、ペットの葬儀を依頼する業者を選ぶときには、自分たちが望む形の葬儀をしてもらえるかが大事なポイントになります。
大掛かりな葬儀になればなるほど、設備がしっかり整っていなくてはいけません。そのため、葬儀社の設備情報を事前に確認することも重要になります。
このときに注意すべきことは、自社で葬儀場を所有しているかどうかです。ペット専門の葬儀社には、仲介だけをしていて、葬儀場もその他の手配も他社に外注してマージンをとって利益を出しているようなところも少なくありません。
そうなれば費用負担が大きくなってしまうので、わざわざそのような業者に依頼する必要はありません。自社で対応できるサービスの内容や料金体系をしっかり確認して、事前に分かりやすい説明をしてもらえるかどうかが、ペット葬儀社選びの大事なポイントになります。
ペット専門の葬儀社は、まだ歴史が浅い場合も多いため、地域での実績や評判も確認して、できるだけ口コミでの評判の良い業者に依頼することをおすすめします。
そもそも希望しているサービスを提供していなければ、候補から除外してください。

12ペットが亡くなったときにかけるべき言葉とは

今ではペットを本当の家族のように大事に育てている人が多く、大切なペットを亡くすと人間と同じように葬儀を執り行う方も増えています。
家族だけで葬儀をする人もいれば、近しい人に参列してもらう人もいて、これからはペット葬儀に参列する機会も増えることが予想されます。
ペットは家族とは言え、ペットを失って悲しんでいる人に、人間の葬儀のときと同じ言葉をかけると変な感じになったり、不謹慎な言葉になったりすることもあります。
ペットを亡くした張本人には、「大変だったね」という言葉をかけてあげましょう。間違っても「たかがペットのためにいつまでも悲しまないように」「また新しいペットを飼えば良い」などという言葉はかけないようにしてください。
相手が悲しい気持ちを打ち明けてきたなら、「たくさん良い思い出があったんだね」などと、共感の言葉をかけてあげましょう。
亡くなったペットには、「よく頑張ったね」とか「お疲れ様」などの声をかけて労ってあげる言葉が最適といえます。
自分でペットを飼っていた場合は、とにかく感謝の気持ちを伝えましょう。「ありがとう」や「ご苦労様」などの言葉が適しています。

FAQ一覧

お役立ち情報

ペットの葬儀ではどんなことが行われるの?
展開
ペット葬儀はいつから行われるようになった?
展開
ペット葬儀で友人にかける言葉は?
展開
ペットの葬儀にはどのような方法があるのでしょうか?
展開

PageTop