横浜のペット葬儀ならお任せ下さい。

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号

横浜のペット葬儀【ポイントとFAQ】

どうしても大事なペットの葬儀を執り行いという方は、横浜のペット葬儀の専門店「ペットヘブン」をご利用ください。
家族同様に育ててきたペットを失う悲しみは、計り知れないものであることは、一緒に暮らしてこなかった者からでも容易に想像できます。
以前は、ペットが亡くなると、ご自宅のお庭に埋葬することも当たり前のように行われきましたが、時代の流れと共に飼い主のペットに対する気持ちも埋葬方法も大きく変わり、現在ではペット専門の葬儀を執り行える施設も全国に数多く存在しています。

ペット葬儀 横浜

当社は横浜駅から徒歩7分の便利な場所に位置していて、火葬から葬儀、納骨まで一貫したサービスを提供しています。
家畜以外の、小動物から大型犬までのあらゆる種類のペットのお葬式に対応していて、人間の時と同じように、お花や写真や好物だった食べ物なども飾り、大切なペットの最期を、ご家族、ご友人など親しい方たちと一緒に見送ることができます。
当社では、フリーダイヤルを用意して皆様からのご連絡をお待ちしておりますが、ホームページ上の「お問合せフォーム」からも皆様のからのお問い合わせやご質問を受付けしておりますので、お気軽にご相談ください。

01ペット葬儀とは

ペットブームが起きていて、それに伴いペット葬儀を執り行う方も増えています。
ペットを家族の一員として考えて、ワンちゃんや猫ちゃんを可愛がって育ててきた方にとっては、人間が亡くなったときと同じように大切なペットの葬儀をしてあげようと考えるのは自然の流れです。
以前は自宅の庭に埋葬する方も多く、もしくはペットの亡骸を焼却炉に運搬して処分することが一般的でしたが、そのようなスタイルに抵抗を覚える方が急増しました。
そんな中で、ペットに関連するサービスも年々充実しています。今ではペット先進国である外国のように、ペットと同伴できる飲食店なども増えていて、ペットの葬儀を行うペット専門の葬儀社も都市部を中心に増えてきました。
ペット葬儀の需要が高まることは今後も予想されているため、地方でもペット葬儀社の数は増えていくでしょう。
ペット葬儀の流れは、人間の葬儀とほとんど一緒です。大切なペットが亡くなれば葬儀社に連絡をして、火葬場で火葬をしてご葬儀を執り行います。ペットの遺骨を骨壺に収骨して、納骨堂を完備している葬儀社や、お墓の手配をしてくれる業者も増えています。

02初めてペットの葬儀に参列するときの服装について

今ではペットブームが起きていて、ワンちゃんや猫ちゃんなどを家族同様に愛する方が増えています。それ故大切なペットが亡くなったときには、人間と同じように葬儀を執り行う方も多くなってきています。
巷にはペット専門の葬儀社も増加していて、これからはペットを自分で飼っていなくても、ペット葬儀に参列する機会も出てくるかもしれません。
ペット葬儀に呼ばれたときには、どんな服装をすればいいか戸惑う方も少なくないと思いますが、服装は葬儀が行われる場所によっても変わってきます。
人の葬儀では喪服を着用するのがマナーですが、自宅で葬儀が行われる場合は無理に喪服を着用する必要がありません。ただし、派手な服装は控えて、落ち着いた色合いの服を選択しましょう。もちろん、いかなる場所でも喪服を着用していけば間違いはありません。
寺院やセレモニーホールで葬儀が行われる場合は、喪服を着用するのが好ましいです。

初めてペットの葬儀に参列するときの服装について

ただし、この場合も必ず喪服を着用しなくてはいけないわけではなく、自宅のときと同じく派手な服装やきらびやかなアクセサリーなどは控えることを心掛ければ問題はありません。
それよりも、大切なペットを失った人への気遣いをすることが、一番大切なマナーです。

03ペット葬儀に関することで良くある3つのお悩み

1.ペットが亡くなったときはどうすればいい?
ペットをはじめて飼うときには、亡くなったときにどうするかを決めておくことが大事です。無責任にペットを飼って、いざ亡くなったときにあたふたしたり、ペットを邪魔にしたりして捨てることは絶対にしてはいけません。
近頃ではペット専門の葬儀社も増えていて、気軽に相談に乗ってくれる会社も多くなっています。

2.ペットの葬儀は行うべき
ペットの葬儀を行うかどうかは、個人の判断で決めることですが、ワンちゃんや猫ちゃんなどのある程度の大きさがあるペットが亡くなれば、埋葬するか火葬をしなければいけないため、亡くなった後にどうするかを事前に考えておきましょう。
ペット火葬やペット葬儀を専門に行っている業者に相談するのも良い方法です。

3.ペット葬儀の流れは?
大切なペットが亡くなって、葬儀を行う場合の一般的な流れは、ペットを看取った後にペット対応可能な火葬場や葬儀社に連絡をして、火葬を行った後に骨壺へ収骨して、お墓へ埋葬するか自宅へ遺骨を持ち帰ります。
葬儀の方法は人間のときと同じで、葬儀社によっては納骨堂を完備していて、そこに遺骨を預かってもらうことも可能です。

04最近増えているペット葬儀の種類について詳しく紹介

ペット葬儀 横浜

最近では亡くなったペットの葬儀を挙げる方が増えていて、ペット専門の葬儀社も都市部を中心に多く見られるようになっているようです。
ペット葬儀には主に「合同葬」「立会葬」「個別一任葬」「訪問火葬」の4つの種類が用意されています。
合同葬というのは、複数のペットを同時に火葬するスタイルで、他のペットのご遺骨と混ざってしまうためお骨上げすることができません。ただし、他の葬儀と比べると、葬儀費用を最も抑えることができるようになっています。
立会葬は、「お見送り出棺」「火葬」「お骨上げ」「納骨」が含まれている、いわゆる人間の葬儀をほとんど同じスタイルで行われます。その名の通りに飼い主が立ち合いの下で執り行われる、最近増えているペット葬儀のスタイルです。
個別一任葬は、立会葬と同様に葬儀が行われますが、飼い主が立ち会わないで、葬儀社のスタッフにその名の通りに一任して行われます。
火葬後に遺骨を飼い主が受け取りに行くか、自宅にもってきてもらうのが特徴的です。丁寧にペットを弔いたいのに、葬儀の時間がとれなかったり時間に余裕がなかったりする際に選ばれているようです。
訪問火葬は、その名の通りに業者が専門車両で自宅まで出向いて、自宅や指定された場所でペットを火葬する形式で、火葬後のお骨上げについては選択できるようになっています。

05横浜市神奈川区にあるペット専門の葬儀社

神奈川県横浜市神奈川区の横浜駅東口から徒歩7分の場所にある、ペット専門の葬儀社です。
横浜市のほぼ中央に位置する神奈川区は、浦島太郎ゆかりの地としても有名な地です。
区の海岸部は埋立地で、京浜工業地帯の一部として工業地域が広がっています。区内には高層マンションやオフィスビルも数多く立ち並んでいますが、古くからの住宅街もあり、歴史を感じられる観光スポットも点在しています。
神奈川区ある人気の観光スポットの一つとして、「横浜聖アンデレ教会」が挙げられます。横浜市営地下鉄ブルーライン三ツ沢下町の駅から徒歩3分に位置するとても静かな教会で、神秘的な雰囲気を味わうことができます。
教会内には歴史的価値も高いパイプオルガンがあり、これは横浜で最も古いオルガンと言われています。教会と共に130年もの歴史があります。
「本覚寺」も神奈川区にある多くの観光客が訪れるスポットで、もともとは臨済宗のお寺で1226年に創建された古い歴史があります。横浜開港時はアメリカの領事館が置かれていて、今は綺麗に整備されていてとても雰囲気があるお寺です。
「ディスプレイミュージアム」も神奈川区にある人気スポットで、1階と2階がミュージアムになっている、国内最大級のディスプレイ&デコレーションの専門店です。

FAQ一覧

PageTop