横浜の猫火葬ならお任せ下さい。

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号

横浜の猫火葬【ポイントとFAQ】

横浜のペット専門葬儀社「ペットヘブン」では、愛猫の火葬のお手伝いも行っております。
横浜駅東口徒歩7分、京急神奈川駅徒歩2分と、利便性の高い理想的な環境に施設を構え、火葬だけではなく、お葬式や納骨堂も完備して、大切な愛猫の供養のサポートをしています。
火葬に関しては、専門の火葬炉を完備して、個別火葬・合同火葬など様々なプランをご用意しております。
年に2回、天国に旅立っていった愛猫たちの合同慰霊祭も開催しており、ここに来ればいつでも大切なペットの想い出をよみがえらせることができる環境を整えています。

猫火葬 横浜

人間よりは寿命が短い猫ちゃんを飼うには、最初から覚悟も必要になりますが、ずっと楽しかった思い出を忘れずいてあげることが、一番の供養になると私たちは信じています。
ペットの死は、人間同様に突然訪れることもあります。
そのため、私たちは24時間体制で電話受付けをしておりますので、どうぞいつでもお気軽にご連絡・ご相談ください。
当社では、ご希望の埋葬方法や安置方法などをお聞きして、最善の方法のご提案もさせていただいております。
常に真心込めたお手伝いをさせていだきますので、安心してお任せください。

01ペット納骨堂を完備した横浜のペット葬儀社とは?

猫火葬とは、その字の通りに飼っていた猫ちゃんが亡くなった後に火葬を執り行うことですが、猫火葬を依頼できるのは自治体と民間業者の2つの選択肢があります。
自治体で火葬を希望する場合は、自治体に連絡をして亡骸を自分で指定の場所に持ち込む、もしくは引き取りをお願いするいずれのかたちをとります。
火葬は他のペットと同じ炉で焼却するのが自治体の火葬の一般的なスタイルで、その後遺骨は共同で埋葬されることになります。
それに対して民間業者に火葬を依頼すると、自治体とは異なり依頼者の感情に十分な配慮をしてくれて、依頼先よっても異なりますが、いろいろなプランが用意されているケースが多いです。
大切な家族である猫ちゃんを個別に火葬して納骨堂にお骨を保管するサービスを提供している業者も増えています。納骨堂を利用しなくては、自治体とは違ってお骨を返してもらえるのが民間業者に依頼する大きなメリットです。
火葬だけではなく、お別れの会や人間と同じような葬式ができるプランも用意されていて、予算にも合わせてその内容もカスタマイズできるようになっています。
最近では、民間業者に大切なペットの火葬を依頼する方が増えています。

02初めて愛猫の火葬をする方に知っておいて欲しいこと

一昔前では、初めて飼った猫ちゃんが亡くなったときは、家の庭に穴を掘って埋葬することを多くの方がしていたわけですが、今の時代はとても悲しいことですが、亡くなったときは火葬をしてあげなくてはいけません。
ペットを飼う人が最近ではかなり増えたこともあって、ペット専門の葬儀社も多く見られるようになっていて、そこに任せれば火葬も葬儀も飼い主の希望に合わせてきちんと行ってもらうことができます。
初めて愛猫を亡くした場合は、絶対にいつまで火葬をしなくてはいけないという決まりはありませんが、時間が経てば遺体の腐敗が進みますので、死後数日以内には火葬を行うのが一般的です。

初めて愛猫の火葬をする方に知っておいて欲しいこと

火葬の方法は、他のペットたちと一緒に行う「合同火葬」とペットを一体ずつ火葬する「個別火葬」と、ペットの火葬に立ち会ってお骨上げもできる「立会火葬」と、移動火葬車が自宅まで来てくれて、自宅の駐車場や近隣で火葬する「移動火葬」の4つの方法から選択できます。
火葬の方法によっても費用は異なりますが、それぞれの火葬の内容をきちんと確認して、費用面も併せて検討して、最善な方法を選択してください。

03猫火葬に関することで良くある3つのお悩みを紹介

1.ペットを火葬するタイミングは?
ペットブームが起きていて、特に猫を飼う方が増えています。
はじめて猫を飼うときに、死んだ後のことを考えている方は少ないですが、予想以上に早く亡くなってしまうことがあることも現実です。
家族のように大切にしていた猫ちゃんが亡くなったら、どのタイミングで火葬すればいいかというと、猫に限らずいつまでに火葬しなければいけないという決まりはありません。
ただし、そのままにしていると遺体の損傷は進むため、夏場は1〜2日、冬場は2〜3日で火葬するのが目安とされています。

2.猫火葬を自宅で行うことはできる?
一昔前なら、自宅の庭に飼っていた猫を埋葬したり野焼きによる火葬も行われていたりしていましたが、現在は近隣住宅からの苦情や衛生面の問題などから、そのような行為は罰則の対象にもなっています。
葬儀社などに依頼して正しい方法で火葬しましょう。

3.猫火葬のために会社を休むことはできる?
家族である猫ちゃんが亡くなったのだから、火葬や葬儀のために会社を休むのは当然と考える方も少なくないと思いますが、ペットが亡くなった場合は人間の場合と違い忌引休暇は使用できないため、有給休暇で対応することをおすすめします。

04猫火葬の種類と火葬にかかる時間を紹介

猫火葬 横浜

はじめて猫を飼った方が大切な家族を失ったときには、何をしていいか頭がパニックになってしまうことも良くあります。
以前は自宅の庭などに亡くなった猫ちゃんを埋葬するということも当たり前のように行われていましたが、今ではほとんどの飼い主が火葬をして見送っています。
一般的な猫火葬の方法には、「合同火葬」「一任個別火葬」「立会個別火葬」の3つの種類があります。
合同火葬というのは、複数の猫を一緒に火葬する方法で、火葬後は葬儀業者の合同墓地などに埋葬されるケースが多いです。
この3つの火葬方法では最も費用を抑えることができます。
一任個別火葬とは、専門の業者に一任して猫を個別で火葬してもらう火葬方法です。火葬後の遺骨に関しては、墓地へ埋葬されたり返骨されたり、業者によって対応が異なります。
立会個別火葬というのは、猫を個別で火葬してもらうときに家族で立ち会うことができる火葬方法で、火葬後には遺骨を拾い上げて持ち帰ることができるようになっています。紹介した火葬方法の中では最も多くの方が立会個別火葬を選択しているようです。
猫火葬にかかる時間は、火葬をする業者やペットの大きさで異なり、3s程度の猫ちゃんならおよそ50分程度が目安となります。

05横浜で猫火葬などに対応

横浜のお客様を中心に、猫火葬や各種ペットの火葬や葬儀に対応しています。
横浜と言えば横浜中華街やみなとみらいや赤レンガ倉庫などが有名で、その他にも人気の観光スポットをたくさん有していますが、横浜では季節によって美しく変化する自然景観も見逃せません。
たとえば、広大な緑が広がる日本庭園「三溪園」は、そこに一歩足を踏み入れるだけで大昔にタイムスリップしたような感覚を味わうことができます。
庭園には鎌倉や京都などから移築された歴史的な建造物がバランスよく配置されていて、春には美しい桜や梅を、秋には真っ赤に色づいた紅葉を満喫できます。観光地としても有名ですが、横浜市民の憩いの場としても昔から親しまれています。
横浜には海を見渡すことができる公園もたくさんあって、その中でも特に山下公園が有名です。散歩していると爽やかな潮風が吹いてきて、連日港に停泊している大型客船などを公園から眺められるようになっています。
週末になると大道芸などのパフォーマンスも行われ、ファミリーもカップルも楽しめるようになっていて、観光客もたくさん訪れます。
横浜中華街からも近く、山下公園を経由して美味しい中華料理を食べに行くのは横浜観光の定番コースになっています。

06猫を火葬する場合にはどのくらいの費用がかかるの?

ペットを火葬するにはいろいろな方法があって、それによって火葬費用も変わります。
また、ペットの大きさによっても火葬費用は大きく変わってきますが、猫を火葬する場合は大体が5s以内に収まるので、あくまでも目安ですが火葬費用は16,000円〜23,000円程度となっています。
ペットを火葬する方法には、主に「合同火葬」「個別火葬」「立会火葬」「訪問火葬」の4つがあります。

猫を火葬する場合にはどのくらいの費用がかかるの?

合同火葬とは、その字の通りに他のペットたちと一緒に火葬することで、火葬した後は遺骨が混ざってしまうため、お骨拾いができなくなってしまいます。
個別火葬は、個別にペットを火葬する方法で、出棺まで立ち会うことはできますが、火葬や納骨は業者に任せるという方法です。ただし、依頼先によっては返骨を選択できます
立会火葬は、葬儀場でのお見送り、出棺、火葬、お骨拾い・納骨全てに立ち会える火葬で、人間の火葬方法と似ていて、まさに最後までペットに立ち会うことが可能となっています。
訪問火葬とは、自宅やその周辺に移動火葬車両が出向いて、その場でペットを火葬することです。この中で最も火葬費用が安いのは合同火葬で、立会火葬が最も高額となっています。
その他にも自治体による火葬方法もありますが、ペットの遺体は法律上、廃棄物として処理されてしまうことから、お見送りも納骨もできないことは承知しておく必要があります。

07猫の火葬を依頼する際に覚えておくべき3つのポイント

01自治体の火葬は受付時間が限られている

民間業者に火葬の依頼をする場合は、多くの業者が365日24時間体制で受付をしていますが、自治体の場合はそうではありません。
受付時間が限られているうえに、土日祝日や年末年始は連絡さえも取れないこともあるので注意しなくてはいけません。
火葬ができるようになるまでは、猫ちゃんの死後遺体を自分でしっかり処置して安置しなくてはいけないため、安置の仕方も覚えておきましょう。

02棺桶に入れるものを事前に確認しておこう

民間業者で個別に火葬する場合は、人間のときと同じように棺桶にものを入れることができますが、その際に入れてはいけないものもあるので事前に業者に確認しておきましょう。
猫ちゃんが大好きだった餌が缶入りの場合は、缶のままは棺桶に入れられることもあります。基本的に燃えてなくなるものなら入れて構いません。

03火葬後の遺骨の保管方法を決めておこう

合同で火葬をする場合は、火葬後ほかのペットの遺骨を混ざってしまうため、個別に遺骨を保管することはできませんが、個別火葬などで収骨が可能なプランを選択する場合は、遺骨の保管方法を決めておきましょう。
ペット専用のお墓に収骨する方法や、ペットと一緒に入れるお墓に収骨する方法や、骨壺に入れて家で保管する方法などがあります。

08猫火葬を任せられる業者にはどんなところがあるの?

一昔前とは違い、最近では横浜にも大切な猫ちゃんが亡くなったときに火葬から葬儀まで安心して任せられる業者が増えてきています。
ペットの火葬を専門に扱う業者も少なくありません。中には24時間体制で自宅まで来てくれるか火葬業者など、サービス内容も業者によって異なります。
また、ほとんどの自治体で猫ちゃん以外にもペットの遺体を火葬してくれます。ただし、自治体のサービスだと、供養という考え方ではなく、ペットを一般廃棄物として遺体を焼却することもあるため、大事な猫ちゃんの火葬はお願いできないという方も少なくないようです。
そのような場合は遺骨を残すこともできないで、ただ灰になってしまいます。したがって、自治体のサービスを利用する場合は、どのような対応をしてくれるかを事前にきちんと確認しておきましょう。
お寺や霊園でも火葬してもらうことが可能です、ペット霊園というものもあって、人と同じように葬儀もお願いできる場合もあります。大切な猫ちゃんにお墓をつくってあげたいという方も霊園などを利用するケースが多く見られます。
ペットの火葬をするときには、遺骨を残したいかも含めて、その後のことを考えて依頼する場所や業者を選択してください。

09火葬の仕方に関することでよくある相談とは

火葬の仕方に関することでよくある相談とは

大切なペットを亡くしたときに考えなければいけないのは、遺体をどうやって処分するかですが、ペットの火葬の仕方に関する相談をされる機会が増えています。
ペットブームの中、猫ちゃんも大切な家族の一員として育てている方がほとんどですが、法律ではペットは生き物ではありますが、人間とは異なり「物」として取り扱われています。
そのため、猫ちゃんが亡くなれば、遺体は廃棄物として扱われることになります。ペットの遺体はゴミとして処理しても法的には何の問題もないことになっています。
しかし、実際にはほとんどの飼い主は大事な家族である猫ちゃんをゴミとして扱うことに抵抗を持っていて、最近では遺体を火葬する方は大多数となっています。
猫ちゃんの火葬の仕方には、大きく分けると自治体で処分するか民間の業者で処分する2つの方法があります。
自治体で火葬してもらう場合は、自治体によっても考え方は異なりますが、一般的には他のペットと一緒に遺体を焼き、お骨も共同で埋葬されるケースがほとんどです。
これに対して民間に頼む場合は、合同で火葬してもらう他にも、個別で火葬をして納骨堂にお骨を納めたり、自宅に持ち帰ったりお墓を造って埋葬することも可能となっています。

10火葬に関することでよくある3つの質問

質問 移動火葬とは何ですか?
回答 移動火葬は、車内火葬炉を有する専用の自動車が、自宅に訪問してその場で猫ちゃんなどのペットの火葬を行うことです。
移動火葬の最大のメリットは、自宅にいたままペットとお別れができることで、自宅ならそのまま慣れ親しんだ場所で葬儀を執り行うことができます。移動火葬では返骨にも対応しているので、その点もメリットと言えます。
質問 愛猫が亡くなったらなにをすれば良い?
回答 ペットである愛猫が亡くなったら、火葬の準備を行うことになりますが、その前にご遺体を安置しなければいけません。
猫ちゃんが亡くなれば、人間と同じように体に変化が起きます。徐々に腐敗がはじまり、死後硬直も起きます。目や口などから体液が出ることもあり、廃術物が出てくることもあります。
安置には、保冷材やドライアイス、バスタオル、毛布、ガーゼ、ペットシーツ、段ボールなどが必要になるため、事前に用意しておく必要があります。
質問 ペットの火葬はどうやって行えば良いの?
回答 ペットの猫ちゃんなどが亡くなれば、悲しくてしばらく何もできなくなる方も多いですが、遺体をしっかり安置してから、火葬の準備を行う必要があります。
一昔前は庭に遺体を埋めている家庭も多かったですが、最近では火葬を執り行うのが一般的となっています。
ペットの火葬は専門の業者を選び、火葬の方法やプランを選択すれば、あとは業者側がしっかりその通りに対処してくれます。

11業者選びの注意点とは

POINT 大切な猫ちゃんを亡くして、火葬をしてもらえる業者を探しているなら、本気で動物のことを大事に思っている信頼できる火葬業者を見つけて依頼するようにしましょう。
法律的にはペットは物扱いで、人間を火葬するのとは異なる対応になりますが、ペット火葬業者の中にも、大切なペットを亡くした悲しみに寄り添ってサービスを提供してくれるところも少なくありません。
実際に業者に問い合わせてみて、対応の仕方を確認すれば、真摯にペットの死に向き合ってくれているかどうかを判断することができます。
ネット検索して口コミでの評判は良くても、実際に会って話してみたら態度が悪かったということは良くあるので、自分自身で問い合わせをして、電話の対応から確認してみてください。
対応以外にも、問い合せ時には適性の料金設定かどうかを確認しましょう。火葬費用は安ければ良いですが、他社と比べて明らかに安過ぎる場合は注意が必要です。
最初は安い料金を提示してきて、後から追加やオプションなどという項目で別料金を請求してくるような業者もいるのが現実です。
ペットの火葬費の相場を認識している人は少ないので、そこに付け込んでくるような業者はいるので、事前に料金相場を確認しておくことを推奨します。

12ペット火葬においての立会葬儀の流れについて

最近では犬よりも猫を飼う人の方が多くなっていて、飼っていた猫ちゃんが亡くなったときには、庭の土に埋めたりただ火葬をしたりするのではなく、立会葬儀という形を選択する方が増えています。
基本的にペット火葬の立会葬儀は人間のときとほとんど同じ流れで行われます。お棺を購入した場合は、打ち合わせの際にペットに添えたいものを事前に渡しておきましょう。
ペットの遺体は霊園などのスタッフが、葬儀の前にお棺に入れてくれます。施設内にある式場で葬儀を執り行われますが、葬儀の形式は葬儀場やプランの内容になどによって異なります。
葬儀が終わるとペットとの最後のお別れの時間となり、ここがペットの姿を見ることができる最後の時間になります。
その後に火葬場に移動し、ペットを火葬炉に寝かせます。このときに預かってもらっていたものをペットに添えます。全て添え終わったら火葬炉に身体を納めます。
このように、立会葬儀では火葬炉にペットを納める最後までお見送りをすることができるようになっています。火葬は1から2時間程度かかり、その後に家族でペットのお骨を骨壺に納めます。

FAQ一覧

お役立ち情報

猫の火葬の方法にはどのような種類が用意されているかを紹介しています。
展開

PageTop