横浜の犬火葬ならお任せ下さい。

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号

横浜の犬火葬【ポイントとFAQ】

大切な愛犬が亡くなって火葬をどうしようかとお悩みの方は、横浜のペットヘブンをご用命ください。
当社は横浜駅東口より徒歩7分、京急神奈川駅より徒歩2分にあるペット専門の葬儀社で、施設内にはワンちゃんなど様々なペットの火葬ができるペット専用の火葬炉設備を完備している他、ご家族や親しい方たちと一緒にお別れ式ができる会場や、火葬をした後のご遺骨を納める納骨堂も備えています。
火葬方法には個別で火葬を行う個別火葬と、他のワンちゃんなどと一緒に火葬をする合同火葬があり、いずれかを選択できるようになっています。

犬火葬 横浜

個別火葬をご利用いただいた場合は、個別納骨堂に収骨できようになっていて、そこに愛犬の写真や造花を飾り、いつでもお参りができるようになっています。
当社の営業時間は10時から17時となっておりますが、フリーダイヤルをご用意して、24時間電話予約を受付けしております。
ご質問にも応じておりますので、遠慮なくいつでもお電話ください。
突然大切な愛犬の死が訪れても、お電話いただければ、火葬までにした方が良い対処法や、その後の行動の仕方を丁寧にご説明させていただきます。

01犬の火葬とは?

近年では、ペットも家族の一員として火葬から納骨、お墓を建てる方まで弔い方は多岐にわたります。
今回は、犬の火葬について、詳しく解説していきます。
まず大前提として、犬の火葬は法律で定められているわけではありません。
なので、絶対に火葬しなければならないわけではないんです。
しかし、伝染病などに感染したことが死因の場合は、火葬することが義務付けられています。
一般的には、自治体に問い合わせて火葬方法を聞けば、詳しく教えてくれます。
しかし、一方で、ゴミと一緒に火葬している自治体もあるそうなので、大切な家族の一員をしっかりと弔ってあげたいならば、犬やペットの火葬専門の火葬炉を設備している業者に依頼することをおすすめします。

02犬火葬を利用するのが初めての方へ

犬や猫などの火葬と言っても、さまざまな種類があることをご存知でしょうか?
ここでは、一般的な3つの火葬方法についてお伝えします。
1つ目は、合同火葬です。
その名の通り、色々なお宅のペットをお預かりし、合同で火葬、合同で供養させていただく方法です。
寂しがり屋だった子には合同火葬がおすすめです。
2つ目は、個別火葬です。
遺骨を骨壷に納められるので、ちゃんとお墓を作ることができます。
火葬時には、ペットの好きだった食べ物、おもちゃなどを一緒に納めることも可能なので、ご家族が大好きだったペットには個別火葬がおすすめです。
3つ目は、葬儀を行うケースです。

犬火葬を利用するのが初めての方へ

基本的には個別火葬なのですが、人間と同じく葬儀まで行い、最後のお別れをしていただくケースです。
最近では、火葬だけではなく葬儀を行うことも増えてきており、ペットは家族の一員であると手厚く弔いを行うご家族も多いそうです。
一概に、どれが正しいといった正解はありません。
亡くなったペットが喜ぶ方法で火葬してあげる。
それが一番、弔いになるのではないでしょうか。

03犬火葬をスムーズに行うための3つのポイントとは?

大切なペットが亡くなると、深い悲しみが訪れます。
しかし、悲しんでばかりはいられません。
家族としてしっかりと弔ってあげること。
そして、飼い主としての責任を果たさなければなりません。
今回は、犬が亡くなったときに火葬をスムーズに行うための3つのポイントについて、お伝えしていきます。

1.遺体を安置してあげる
まずは人間と同じように遺体を安置しましょう。
シーツやタオルに包んであげて、顔が見えるようにしてあげてください。
その際、耳や口などから体液が出る場合があるので、タオルなどは二重にしておくと良いでしょう。

2.腐食が始まらないように冷凍する
安置したら、次は遺体の腐食を抑えるために、冷凍保存します。
と言っても冷凍庫に入れるわけではなく、保冷剤などを使って遺体を冷やすようにしてください。

3.火葬の準備をする
お通夜などを行う必要がありますが、その前に火葬の手配をしましょう。
犬などのペットは火葬の義務はありませんが、人間と同じように火葬してあげた方が喜ばれるでしょう。
大切なペットの最後を看取ること、そしてちゃんと火葬してあげることは、飼い主としての最後の勤めとなるので、しっかりと行いましょう。

04横浜でお願いできる犬火葬の種類

犬火葬 横浜

愛犬が亡くなってしまった場合、深い悲しみに暮れてしまい、すぐに行動を起こせる人は少ないことでしょう。しかし、飼い主自身がうまく理解していないと、愛犬を安らかに成仏させていくことは願うべくもなくなってしまいます。
今回は火葬の種類について解説します。
ペットの火葬については、合同火葬と個別火葬の2つに、大まかに分けることができます。
合同火葬は他のペットたちとともに火葬するスタイルです。火葬後は霊園に全て一任する形を取り、合同墓地に葬られます。
火葬の立会いや、お骨を拾うことはできません。費用は、今回ご紹介するものの中では最も安く抑えることができます。仲間と一緒に旅立てるとのことで、寂しい思いをさせたくない飼い主の方にも支持されています。
個別火葬は、一任火葬と立ち会い火葬に分かれます。
一任火葬では、火葬に立ち会うことはできませんが、遺骨を後から受け取ることはできます。立会火葬は人間のものと同じく遺族が火葬場まで立ち会い、お骨拾いと遺骨の引き取りができます。
近年では、霊園内に設けられたペット火葬スペースの近くで、事前の葬儀も行い、埋葬まで行う葬儀スタイルが注目されています。

05全国各地でペット火葬専門業者が供養

犬火葬のサービス提供に対応エリアの制限はありません。全国各地でペット火葬専門業者が日々、旅立ったペットを供養しています。
とは言え、縁もゆかりもない土地にペットの火葬をお願いすることは少ないでしょう。自宅や実家の近くでの葬儀、火葬が一般的です。お墓参りのしやすさから都市部や通于禁途中のターミナル駅などの業社に任せる方もいらっしゃいます。
優良業者というのは、得てして情報公開への対応に優れています。ホームページ上には目安の価格から依頼のプロセス、追加可能なオプションなどが並んでいます。Q&A も充実していれば、あなたの感じる疑問にすでに先回りした回答があるかもしれません。
もし複数の火葬業者があり選びきれない場合には相見積もりを取ってみてもいいでしょう。相見積もりとは複数の業者から見積を取り寄せ、その中身を比較検討し発注業者を決定する作業のことです。この際、価格だけでなく、火葬の方法やお墓の置き方、お参りの仕方など詳細に問い合わせていきましょう。アフターサービスの質でも業者間の差を計ることができます。
お住まいのエリアで、あなたの要望にピッタリの業者をぜひ見つけてみてください。

06横浜で犬の火葬をする際の費用の目安

犬を始めとしたペットが亡くなった際には、人間と同様に葬儀を執り行い、火葬して納骨することが可能です。この時、やはり気になるのは費用の目安でしょう。
一言に犬の火葬、ペット火葬と言っても、実は様々な種類があります。まずはどんな種類があるのか確認しましょう。葬儀業者にもよりますが、主に、合同火葬・個別一任火葬・個別立会火葬・訪問火葬の4種類があります。
合同火葬では、他のペットと一緒に旅立てますが、骨が混ざってしまうためお骨を手元に残しておくことは難しいです。

横浜で犬の火葬をする際の費用の目安

個別火葬には、一切を任せる「一任方式」と火葬に立ち会いお骨も拾う「立会方式」の2つがあります。料金と時間的な制約を考慮してプランを選んでみてはいかがでしょうか。一任する場合でもお骨は戻ってきます。
一風変わっているのは、「訪問火葬」です。これは自動車に火葬装置を取り付けた、特別車両で遺族宅の近くまで出張してもらい、希望する場所で火葬できるというものです。大型犬など、輸送するのが難しい場合や火葬場まで行くのが難しい場合はこうした方法でペットを天国へ送ることもできるのです。
それぞれに料金は設定されており、ホームページなどで公開されているので、葬儀と火葬を依頼する際には、事前によく調べておく必要があります。

07横浜市で犬火葬をお願いする際の3つのポイント

01希望するスタイルを決めましょう。

近年はペット火葬を希望する方が増えました。犬火葬も代表的な例と言えるでしょう。犬火葬がどのように行われるかというと、大まかには個別火葬と合同火葬に分けられます。個別火葬はその名の通り、大切なペット1匹のために火葬が行われます。業者に一任する方法と、立ち会う方法があります。合同火葬では、他のペットと同時に火葬されます。そのほうがペットが寂しくないと考える方もいるようです。

02予算を決めましょう。

前述の火葬スタイルに応じて費用は異なります。また、ペットの体重によっても区分が設けられている場合もあります。さらに、読経するかどうか、遺骨をどうするか、記念の品を制作するかなどさまざまなオプションが用意されています。料金が無限に膨らんでしまわないように、あらかじめ予算を決めてから業者にコンタクトを取ることをおすすめします。

03最適な業者を選びましょう。

大切なペットとのお別れを任せる業者ですから、できれば慎重に選びたいものです。インターネットでお近くの業者を検索し、希望するプランがあるか、予算に合うかを確認しましょう。口コミも忘れずに確認し、利用者の満足度の高い業者を選びたいですね。

08横浜・犬火葬、葬儀、納骨などのご供養をお手伝い

ペットたちは家に来た日から家族の一員として愛おしく、かけがえのない存在であり心を癒してくれています。
しかし、いつかは考えなければならない、やがて訪れる旅立ちの時、一緒に時を過ごし、親しみ、心通わせた末、亡くなったペット達の魂を天国に見送る大切な時そんな大切な儀式を私たちはご家族の方々と一緒に、心を込めて、葬儀から納骨まで当社の豊富な経験を生かし、自社施工にて一貫した旅立ちのお手伝いを致します。

お別れの流れとして
お別れ式→火葬→納骨という流れになりますが、お別れ式を導入しているのは、業界でも多くはありません。
当社では大切なご家族とのお別れを誠実に対応すべく、皆様にあったオリジナルのご葬儀プランを提案することをモットーにしているので、最後までペットとの思い出を大切にしていただけます。
さらに、駅から近いという部分でも、他社とは違い近隣の方はもちろん、遠方の方からも足を運んでいただきやすい環境となっています。

09横浜市内で犬火葬を依頼する際の相談事例

横浜市内で犬火葬を依頼する際の相談事例

犬火葬を依頼する際の相談事例をご紹介しましょう。
よくある相談に、「どういった方法でペットの供養をすればいいのかよくわからない」というものがあります。人間であれば葬儀社があり、火葬場があり、霊園があり、と容易に思いつくことは多々ありますが、ことペットとなると、すぐに関連する業者を思い浮かべるのは難しいかもしれません。
しかし、ペット向けにも葬儀場はありますし、火葬施設も近年急速に整ってきました。定期的にお参りできるお墓も手配することができます。ペット専門の葬儀業者は、横浜市内はもちろん全国各地に存在するのですが、ここでおすすめするのは駅の近くで火葬スペース・葬儀スペース・お参りスペースが整っているところです。こうした業者では、多くの場合個別火葬・集団火葬・出張火葬の3種類を提供しています。
前者2種類は亡くなったペットを火葬業者まで運び、荼毘に付す必要があります。集団火葬は他のペットと同時に火葬するため、遺骨の収拾が難しくほとんどの場合、持ち帰ることはできません。
一番手軽なのが出張火葬サービスです。自宅近くまで専用の火葬装備を備えた自動車が来てくれて、その場で火葬してくれます。遺骨ももちろん手に入ります。

10横浜市で犬火葬を検討する際によくある3つの質問

犬火葬を検討する際によく出る、3つの質問にご回答しましょう。
質問 犬を始めとしたペットの火葬にはどういった種類がありますか?
回答 合同火葬と個別火葬があります。合同火葬とは、他の亡くなったペットと一緒に火葬を行い成仏してもらう葬送方法です。愛するペットが寂しがることなく天国へ昇っていく事ができる一方、遺骨の収拾が難しいデメリットがあります。個別火葬は、個々のペットが別々に火葬され、天国に昇っていくというものです。お骨の収拾ももちろん可能ですし、場合によっては火葬に立ち会うこともできます。
質問 ペット向けの墓地などはありますか?
回答 人間向けの霊園のような施設は残念ながらありません。しかし、都市部のペット火葬専門業者ではロッカー状の供養スペースを設けているところもあり、そこで眠ってもらうことができます。また自宅での供養も可能です。
質問 個別火葬の場合、思い出の品なども一緒に天国に届けてもらうことはできますか?
回答 各ペット火葬業者が保有する火葬施設の性能に左右されます。まずはペット火葬専門業者のホームページをご覧になり、電話などで直接ご相談ください。

11横浜市で犬火葬に関しての業者選びをする際の注意

POINT ペットの火葬に関しては、請け負う業者がそこまで多くないのが実情です。ただしその分、ペット火葬業者はさまざまなスタイルに対応していることが多いです。
まず火葬のスタイルとして個別火葬と集団火葬の2種類があります。個別火葬では立ち会いやお骨拾い、思い出の品を一緒に火葬することも可能です。
1匹だと寂しいと感じる場合には、集団火葬がおすすめです。ただし、他のペットと混ざってしまうためお骨を受け取ることはできません。
また、業者によっては車両に火葬器具を設置し出張サービスを行っているところもあります。その他、お墓や生前の写真などを置ける、お参りスペースを抱えている業者もあります。駅近くのビル内に拠点があるなど、アクセスは便利なことが多いです。
火葬に対し希望を叶えてくれる業者、お参りのしやすさなど、ご自身のライフスタイルに合った業者を選ぶことが大切と言えます。
まずはインターネットで検索して、ホームページを確認するところから始めましょう。丁寧に解説しているところがあればメールやフォームなどでさっそくコンタクトを取ってみましょう。

12横浜市で犬火葬を依頼する際に使える業界用語

合同供養と個別供養
犬火葬を始めとするペットの火葬には、複数の種類があります。そのうちの一つが合同供養です。これは亡くなったペットを他のペットと一緒に供養することで、寂しさを紛らわせ共に天国に昇っていくよう祈りが込められています。他方では、価格が個別供養に比べると抑えられる点に魅力を感じられる方もいらっしゃるでしょう。副葬品に関しては業者によって対応が変わるので事前の確認をおすすめします。気をつけなければならないのは、合同供養を依頼した場合には、亡くなったペットの遺骨を拾うことは叶いません。ペットの火葬においては火葬場での個別供養、と自宅まで来てもらいその場で車載火葬設備で行う訪問供養もあります。プランごとに値段も変わりますし、よくよく吟味した上でご遺族の方が納得の行く方法で火葬を行うことが重要です。また、業者に墓の設置もお願いすることもできます。その場合はアクセスにも気にかけてみましょう。やはり通いやすい場所であるほうが、お参りにも行きやすいですし、事あるごとにペットに会いに行ける環境が整う、とも言えます。

FAQ一覧

お役立ち情報

愛犬の火葬はどこで行えば良いか
展開
犬の火葬にかかる費用はどれくらい
展開
犬を火葬しないで捨てても問題ないの?
展開
犬火葬にかかる時間はどのくらいですか?
展開
犬火葬の流れとは
展開
犬は火葬と土葬のどちらを選ぶのが正解なの?
展開
愛犬の火葬はどうすれば良いの?
展開
愛犬の火葬はいつ行えば良いの?
展開
犬の火葬の方法は昔とどのように変わっているの?
展開
犬の火葬をするときには死亡届を出さなければいけないの?
展開
犬の火葬はどこで行っているの?
展開
犬の火葬にかかる費用はどのようになっているの?
展開
犬の火葬はいつから始まったの?
展開
犬の火葬はいつまでに行うべき
展開
犬を火葬ではなく自宅に土葬することは可能なの?
展開
犬の火葬で起こりやすいトラブルにはどんなことがある?
展開
犬の火葬はどこでどのようにして行われるの?
展開
犬の火葬は人間と同じ火葬場で行われるの?
展開
犬の火葬費用を安く抑えるにはどうすればよい?
展開
犬の火葬に立ち会うときに必要なものとは
展開
犬の火葬はどこで行われるの?
展開
犬の火葬を依頼する正しい業者の見分け方とは?
展開
自宅で犬の火葬を迎える前に準備することとは
展開
友人の犬火葬に参列するときはどんな言葉をかければよいの?
展開
犬の火葬はどこで行われているの?
展開

PageTop