ビジネスブログ | 大切なペットの火葬は、当社にお任せください。<横浜駅東口徒歩7分>

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号
ブログ
2019年01月22日 [犬火葬]

犬の火葬の仕方

はじめて飼ったワンちゃんが亡くなった時には、どのように見送ってあげればいいのか悩む方も多いと思います。
人間と同じように、火葬をしたくても犬を火葬してもらえる場所があるのかも分からなくて不安になることでしょう。
最も多くの方が利用されているのが、立会個別火葬というもので、これは飼い主さんやご家族やお知り合いの方などが、ペット専用の火葬場でお見送りした後で、お骨拾いまで行う方法です。
犬の火葬には、霊園施設まで行き火葬してもらう方法と、火葬が可能な専用炉を搭載している専用車で自宅まで来てもらう訪問ペット火葬があり、後者は移動手段をお持ちでない方や、ご高齢者やお身体の不自由な方にとってはとてもありがたいサービスです。
他にも火葬に関しては、立会いはしないで火葬後のお骨拾いもセレモニースタッフに任せる一任個別火葬という方法もあります。
こちらは、出棺とお別れまでは飼い主や家族などで行い、お骨はお手元に残さないで、霊園施設や合同供養塔などに納骨供養をしたい方のための火葬方法です。
どうしてもワンちゃんを失った悲しみが深すぎて、骨を拾ってあげることができない場合や、誰かの代理で火葬をされる方などが利用される場合はおすすめです。
横浜にも、犬や猫などペットの火葬を専門に行っている葬儀社がありますので、困った時には気軽に相談してみるといいでしょう。

犬の火葬をするのが当たり前になっていることを知りました


実家では昔犬を飼っていましたが、亡くなって庭に埋めた記憶がありました。
この度愛犬のリリが亡くなり私が迷わずそうしようとしましたが、妻と子供に大反対されて、きっと犬の火葬や葬儀をしてくれるところがあると言われて調べると、最近ではワンちゃんを火葬するのが一般的になっていることを知りました。


PageTop