ビジネスブログ | 大切なペットの火葬は、当社にお任せください。<横浜駅東口徒歩7分>

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号
ブログ
2019年01月22日 [猫火葬]

猫を火葬場まで運ぶ方法

飼い猫が天国に旅立った後で、専門施設で火葬をしてもらう方も最近では多いようですが、横浜にも猫ちゃんの火葬を行える場所は複数用意されています。
しかし、これまで自宅に安置していた猫ちゃんを、斎場や霊園に運ぶのにどうしていいのか分からないという方も少なくはなく、特にはじめて猫ちゃんを亡くして方にとっては、頭を悩ます大問題です。
もちろん運び方に強制的な決まりはありませんが、ほとんどの飼い主さんは、猫ちゃんをタオルや布で包んで、ダンボールや木製の棺などの箱に収めて運ばれています。
しかし、斎場や霊園などによってはダンボールや木の棺などに入れた場合は、燃えにくいという理由でそのまま火葬できないこともあり、棺にキレイに飾り付けしてもそれが無駄になってしまうこともあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。
インターネットで検索すれば、猫ちゃんなどのペットをそのまま火葬できる棺を見つけることができ、ネット上から購入もできますし、お近くに霊園などがある場合は、そこで販売されていることもありますので、事前に用意することもできます。夏場などは特にご遺体の腐敗の進行が早いので、保冷材や氷などを身体に当てた状態で運ぶことをおすすめします。

母の愛猫の火葬も葬儀にも対応してもらえて安心しました


母の愛猫が亡くなりましたが、母は入院中で遺体をこのままにしておくわけにもいかないので母に相談すると、できればきちんと火葬して見送って欲しいということで、この度お世話になりました。
事情を話すと火葬の流れを丁寧に教えてくれて、最初はお任せしようと思いましたが、病院から外出許可が出て、火葬と葬儀も急遽行ってもらえることになって、母も満足していたみたいなので良かったです。


PageTop