ビジネスブログ | 大切なペットの火葬は、当社にお任せください。<横浜駅東口徒歩7分>

横浜駅東口ペットヘブン
電話番号
ブログ
2019年01月22日 [ペット納骨]

ペットを納骨する意味を知り

近頃ではペットが亡くなると火葬を行う人が増えていますが、火葬後に遺骨をどうするか考えないで、行動に移すケースも目立っているようです。
私もはじめて飼ったワンちゃんと最近お別れすることになり、火葬も葬儀もしてあげようと考えて、横浜市内のペット専門の葬儀社さんにお願いしましたが、その時は納骨のことなど考えていなくて、その後そこのスタッフさんから納骨堂が施設内にあることを教えてもらって、個別に納骨してもらう方法を選択しました。
自宅に持ち帰ることも考えましたが、ここに納骨すればいつでも会いに来られて、横浜駅からもすぐなので、お墓代わりに利用できると思いました。
実はペットを火葬した後で、自宅に持ち帰る人は全体の3割ほどもいることが分かりましたが、その理由は家族の一員だったのでそばに置いておきたいという人が多いようでした。しかし、近くに納骨堂がある場合は、多少費用はかかりますが、負担になるような金額でもなかったし、きちんと供養してあげられる大きなメリットがあるので、迷わずこの方法を選ばせていただきした。
それに自宅に持ち帰っていつまでもその魂と一緒に過ごすよりも、身体も魂も本来の場所に行ってもらうことの意味も教えてもらえて、それが本当の意味での供養になると思えました。

ププの納骨ができる葬儀社があって良かったです


はじめて飼ったペットが愛犬のププで、最初は子供にせがまれて仕方なくでしたが、結局私といる時間が一番長く、私に一番なつくので、可愛くて本当の家族としてこれまで過ごしてきました。
ププが病院で亡くなった時には、頭が真っ白になってしばらく記憶を失ったほどで、その後も心の整理がつけられませんでした。
子供がププの葬儀も火葬も納骨もできる葬儀社さんを見つけてくれて、ここに来ればいつでも会えると思えて気持ちが楽になりました。


PageTop